FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SS】カンゼン犯罪

彼女のカンゼンなるカンゼンのためのカンゼン。


――出張は辛いですね。(私事

※本文は[続きを読む]よりどうぞ。




 キョウコを一言で表すならば、才女という言葉が最も適切だろう。知識、教養、洗練された趣味。男たちはこぞってキョウコに愛を囁き、女たちは嫉妬と羨みを持って彼女に接するのが常だった。
 とはいえ、キョウコ自身が男に傅かれ、女を見下して日々を過ごしていたわけではない。どちらかと言えば彼女は控えめな性格であり、人と争うのを好まない。しかし、人一倍正義感の強い女性であった。
 彼女の性格を決定づけたのは、幼い頃からの両親の教育だった。常日頃より、「人に迷惑をかけてはならない」「悪に屈してはいけない」と繰り返し教えられ、彼女は持ち前の素直さでそれを吸収していった。教えそのものは一般論に過ぎなかったが、キョウコの中ではとても重要なことと捉えられていた。事実、彼女の小学生時代の夢は、『警察官』や『検事』といった、女の子らしからぬ勇ましい内容で彩られていた。
 彼女が明確に将来の目標を持ったのは、中学生のことである。ある日のニュースで彼女は、とある政治家の汚職疑惑に接した。巨額の富を私欲のためにかき集める行為。ましてその元をたどれば、その富は税金なのだ。国民が国のために収めたものを、個人が横から攫っていくなど、許される事ではない。この時キョウコは政治というものに興味を持ち、明確な目標として政治家を目指す道を描いた。
 
 「私は政治家になりたいの」
 「えぇ?つまらなそう。結婚とか大変そうじゃない?」

 女の子が語る夢としては珍しい部類だろう。周囲の友人からは理解されなかったが、彼女は特に気にもとめなかった。彼女は夢の一歩として、生徒会に立候補し、見事に生徒会長に選ばれた。ごく小さいコミュニティとは言え、政治の基礎は学べる。そう考えてのことだった。
 中高一貫の私学に通っていた彼女は、ひたすら勉学に励んだ。実直な性格と、怠らない努力。学力はめきめきと向上し、生徒会内部でも人望は厚い。高校では先輩に僅差で生徒会長の席は譲ったものの、ここでキョウコは新しい発見をすることとなる。副生徒会長となり、会長の補佐をおこなう内に、実はトップに立つものより、その側で補佐を行うものの方が重要性が高いということである。
 古来より、人気があるが無知な王に、優秀な大臣が居る国がもっとも栄えたものだ。自分が最高指導者になるよりも、諫め、意見を言う立場になったほうがいい場合もある。事実、彼女は会長となった先輩が卒業した後も、後釜に立候補することはなかった。大学の受験が控えていたこともあったが、補佐役の重要性を認識した今、生徒会での活動はあまり意味がなかった。
 その後も、彼女の努力は終わりを知らぬが如くに続いた。大学に進学後、政治と経済の分野を専攻し、精力的に活動した。各地の演説会に参加し、ゼミでは積極的に討論を交わす。時には教授に反駁し、大論陣を展開することもあった。彼女の書いた論文は学生ながらに注目され、業界誌に掲載される程だった。
 彼女に、何度となく人は尋ねたものである。

「そんなに勉強ばかりで、疲れませんか。偶には、遊びに行ったりしてもいいのでは……」
「いいえ、私には目標があります。それを実現するまで、手を抜くわけにはいきません」

 質問者は大抵、感心して尋ねる。それはどんな目標ですか、と。彼女はそんな時、一言こう答えるのが常だった。

「世界から悪を消したいのです」

 大学の四年間はあっという間に過ぎていった。周りの友人は既に就職活動をしていたが、キョウコは大分出遅れてそれを開始した。しかし、既に各方面に名前が知れていたキョウコを企業や政治家が放っておく筈もなく、活動を初めて間もなく、彼女は念願だった職業につくこととなる。その職とは、政治家の秘書。政治家自体になるよりも、誤りがあれば諫められると考えてのことだった。雇い主は、かなりの大物政治家である。新卒の彼女が抜擢されたのはひとえに彼女の真摯さと、学生時代の実績をかわれての事だった。
 まさに、順風満帆な人生。彼女への周囲からの賞賛の声は絶えることがなかった。しかし、そんな日々も間もなく終りを告げることになる。
 キョウコが秘書になって三年目の夏のこと、彼女の雇い主である政治家が急逝した。死因は心不全。朝に入浴中、発作を起こしたと思われたが、政治家には敵が多かったことを踏まえ、事故と殺人の両面で捜査が開始された。やがて何人かの容疑者が絞りこまれると、その中にキョウコの名前も上がっていた。彼女は最後に政治家と会っていた人物である。事故であれ殺人であれ、警察は彼女に良く話を聞く必要があったのだ。

「キョウコさん。貴女は事件のあった日の夜中、どちらに居らっしゃいましたか」
「はい。先生のご自宅に居りました」

 刑事の単刀直入な問いに、真っ直ぐに背筋を伸ばし、キョウコは顔色ひとつ変えずに答えた。一瞬呆けた刑事は、慌てて問い直す。

「貴女は、あの日、被害者の自宅に居たというのですか」
「そうです。そして、先生がお持ちになっていた持病の薬……心臓が弱っておいででしたので……を、粉砂糖をつめたカプセルとすり替えました」

 取調室の中に戦慄が走った。これは最早自供ではないか。秘書が政治家を謀殺したとなれば、世間に大きな衝撃と、ゴシップの種が広がるのは想像に難くない。刑事は更に追求する必要があった。

「一体何故、そんな事を」
「先生は、汚職をなさっていたからです。私がまだ子供の頃から、ずっと」

 キョウコは服のポケットから、レコーダーを取り出すと、再生を始めた。そこには政治家と、財界の大物との密談の内容が克明に録音されている。

「国民の期待を受けて政治家になられ、何期もお務めになられた。なのに、ずっと汚い真似をなさっていたのです。私はその事実を内部から調べ、先生に改めて頂こうと思ったのです。しかし、先生は私の訴えを鼻で笑い、『君、政治は聖人君子が行うものではないのだよ。まだ若いから判らないだろうが、君は私の言うことに従えばいい。その証拠は外に漏らしてはならない』と仰るばかり。だから、私は薬をすり替えました。悪人は倒されなければいけません。その為に私は子供のころから努力を怠らず、先生の秘書になりました。そして、罪を償って頂いたのです」
「貴女は子供の頃から、被害者を殺そうと思っていたというのですか」
「ええ、その通りです。しかし、過去のニュースでは、疑惑で終わっていました。それを確かめる必要もありました……それに、私は罪を犯したわけではありません。心臓の発作が起こるかは判りませんでしたし、起こってもすり替えた薬を飲むかどうかも判らない。なにしろ、私がすり替えたのはたったの一つだけ。先生はそれでも発作を起こし、すり替えられた薬を飲んだ。先生は天罰で死んだのです」

 キョウコは笑顔でそう締めくくった。対照的に、捜査官の顔色は悪い。罪の意識が無い殺人者はいても、その殺意が子供の頃から持続しており、その理由が悪人は死ななければならないからだ、などというケースは聞いたこともなかった。報告をうけた上層部は連日の会議の末、もっとも安直で、もっとも安全な方法を選んだ。キョウコは狂人であり、その発言には信憑性がないとして、彼女を精神病院に送ったのだ。


 キョウコが搬送された病院では、老境に差し掛かった、神経質そうな院長が治療にあたった。キョウコのように、警察の手に余る犯人はここに送られてくる。秘密を守ってさえいれば、警察から相応の謝礼も貰えた。彼からすれば割の良い患者というわけだった。

「キョウコ君、君は病気なんだ」
「そうなのですか。でも先生、私は正常です。悪人が一人いれば、何人もの人が苦しみます。その悪人が政治家なら、もっと多くの人が苦しむことになります。ならば、原因を排除するしか無いではありませんか」
「君の考えはとても危険だ。人が人を殺すことの正当化に、勧善懲悪が使われてはならないのだよ」
「善き行いは、全ての道理を超越します。悪人を殺すことが許されないなら、死刑だって許されない筈でしょう」

 精神科医はそれ以上は答えなかった。もとより、その議論は精神科の領分ではない。彼女への処置は通り一遍のものに終始したが、キョウコはそれに素直に従った。他の患者のように暴れだすこともなかったし、たまに本を読みたいと訴える以外は、なんの問題も起こさない。実に扱いやすい患者であった。
 やがて月日は流れ、彼女の”病状”は快方に向かっていた。善悪の議論を医師の前で口にすることもなくなり、家族や友人との面会も許されるほどになった。隔離病棟から一般病棟に移されてからは、むしろ看護婦の手伝いを志願する程である。実際、問題も起こさず、礼儀正しい。看護師の中でも、評判の患者だった。
 あの政治家の死は結局、事故ということで決着し、人々は情報の洪水に押し流された事件など、最早覚えてもいない。報告を受けた警察側からも調査官が寄越され、何度かの面談の後、問題がないという判断を下されたのだった。
 しかし、精神科医は漠然とした不安を感じていた。最近、汚職政治家や、詐欺まがいの商売をしていた実業家、新興宗教団体の教祖など、世界の裏で暗躍していると目された人物が相次いで殺害され、連日のようにワイドショーを賑わせているのだ。まるでかつてのキョウコの病状が広がったかのように。
 そこまで考えて、精神科医は頭を振った。そんな筈はないのである。彼女はこの病院から、一歩も外に出ては居ない。手紙は全て目が通されている。暗号のようなものが仕込まれている様子もなかった。彼女が仲間を作っていたという話も聞いていない。結局、取り越し苦労でしか無いのだ。
 眼鏡を外し、目頭を揉みながら、精神科医はため息を一つついた。流石に高齢には勝てないし、最近疲れているのかもしれない。丁度そこに、熱いコーヒーを持った看護婦が入ってきた。

「先生、コーヒーをお持ちしました」
「あぁ、ありがとう。今日はいい天気だな」

何気なくつぶやき、医師はコーヒーを一口すする。窓の外には抜けるように青い空が広がっている。温かい飲み物が染み渡るにつれ、先ほどの不安がゆっくりと―――

「がはッ!?」

胃に焼け付くような痛みが広がり、椅子から転げ落ちる。嘔吐感がこみ上げ、慌てて口元を押さえた手は、べっとりと赤い血に塗れている。

「き、君、何を……何を飲ませたんだ!」
「先生、先生は正常な思考の持ち主を、警察と結託してこの施設に監禁して居られましたよね。それは悪いことです。先生、悪人は倒されねばならないのです」

 どこか熱に浮かされたような熱さでそう語る看護婦を呆然と見上げながら、院長は廊下から響く整然とした足音と、それを先導する声を聞き、漸く状況を理解した。キョウコは外に出る必要など無かったのだ。そして、彼女はまさに”正常”だった。表向きの従順を装い、この病院のスタッフ、あるいは患者にまで、自分の正義をといて回ったのだろう。彼女の誠実さと実直さは、聞くものに訴えかけるものがある。
 そしてもう一つ、院長は恐るべき事実に思い当たった。彼女は恐らく、警察に捕まってからここに収容される過程で、集団の結託による力を思い知った。一人の力には限界があり、それは上回る力によって圧殺されてしまう事を、身を持って理解したのだ。キョウコは今や、完璧に善良な一市民から、完璧に善良な先導者へと、その危険度を増している……。
 目を見開いたまま、暫くもがいていた老人は、やがて事切れた。それを確認してから、看護婦は院内の全ての扉を開放して回る。その様子を、キョウコはあの日と変わらない微笑をたたえたまま眺めていた。同じ志をもつ友人たちを引き連れ、外に続く扉を開くと、久しぶりの解放された空気が彼女を包む。

「あぁ、世界はなんて美しいのでしょう」

 キョウコの言葉に、彼女に従う人々は、熱っぽい目で頷きあった。今日は記念すべき日になるだろう。世の悪人が一掃されるまで続く、正義の戦いの幕開けの日になるのだから。

コメント

Secret

ご出張、お疲れさまです。

 彼女の敢然なる勧善のための完全……? 正義は何処にあるのですか!?
 今回も楽しく読ませて頂きました。一途に目標を目指してゆくキョウコさん逞しい。

 このお話は今までよりもさらにテーマ性をはらんでいて、肉づけをしていけば
 ひとつの大作として問えそうな気がします。ショートショートが長編の種になる
 可能性もあるのかもしれませんね!

 私事で申し訳ないのですが、私も酒虎氏の作品に魅せられて、ごく短い作品を
 読み連ねたくなりまして、川端康成の『掌の小説』という文庫本(新潮)を買いました。
 繊細な感性で描かれた122編の掌編がまとめて収録されたスゴ本です。好いものです。

Re: ご出張、お疲れさまです。

かべるね様

何時もコメントありがとうございます。大変励みになっております!
ショートショートは膨らましきらずに読み手に想像を喚起させるのがいいと思うのですが、如何せん非常に難しいですね。全くもって星新一先生の偉大さに感嘆するばかりです。

『掌の小説』、恥ずかしながら存じませんでした。これはいい情報を頂きましたので、早速読んでみようと思います!ありがとうございました!
プロフィール

酒虎/シュトラ

Author:酒虎/シュトラ

連々と文を書きなぐっております。
オリジナル/二次創作/都々逸等。

<近況>
寒すぎて動きたくない。

<人となり>
名は体を表す通り飲兵衛。
ジンと日本酒は至高ですね。



Twitterなどしております。

御来訪者様数
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。